設立以降の活動の状況などをご報告いたします。

発足までの経緯

平成29(2017)年2月 小熊防災研究会として羽島市防災コーディネーター16名で発足

平成30(2018)年7月 新規の羽島市防災コーディネーターの加入で30名の組織となる

平成30年8月17日    設立総会を開催し、小熊新生防災会と改称し正式発足

主な活動状況

平成29年4月    小熊新生町軽スポーツ広場において防災コーナー設置

平成29年8月    島区防災訓練指導

平成29年11月   小熊コミュニティセンター運営委員会で防災講座開催

平成30年4月    島区シニアクラブにて防災講座

平成30年4月    第1回小熊町新生町防災訓練開催

平成30年8月    島区、新生町にて自治会防災訓練指導

平成30年12月   内粟野区自治会防災訓練指導

令和元年9月     第2回小熊町新生町防災訓練開催

令和2年9月     第3回小熊町新生町防災訓練開催

令和3年4月     小熊町新生町安否確認訓練開催

令和3年8月     小熊新生防災減災ハンドブック作成(小熊町内全戸配布)

令和3年11月    第4回小熊町民文化祭「知風まつり」

令和4年6月     小熊町新生町安否確認訓練

令和4年11月    第5回小熊町新生町防災訓練開催

令和5年1月     地区防災計画作成 羽島市防災会議へ提案

令和5年2月     羽島市防災会議にて小熊町地区防災計画承認される

令和5年5月     おぐま防災1号発行(小熊町内全戸配布)